メニュー

当院の特徴

医院のコンセプト

丁寧な診察、親身な治療」をモットーに日々の診療にあたっております。

小児科医が3人常勤しており、偏った診断・治療にならない様に、院内でお互い相談しながら診療に当たっております。

 

一番お子さんをみているのはお母さん・お父さんです。

そのお母さん・お父さんと一緒に、お子さんが困っていることを解決していけるような診療となるよう心掛けております。

 

感染対策

当院は完全予約制となっており、院内での待ち時間が最小限となるようにしています。

また発熱がある患者さんとそうでない患者さんが接触しないよう、診察まで導線を分けております。

予防接種に来られるお子さんが院内で風邪をもらわないよう、一般診療と時間帯を完全に分けて行っています。

 

20年前の開院時より、東北地方の医院としては初めての第2種空調設備を導入しています。

来院されたら病院の臭いがしないのがお解りになると思います。

窓を開けずとも常時換気をしており、2020年2月以降はコロナウイルス感染対策のため、換気出力を2倍にしております。

また、ウイルスにも対応可能な空気清浄機を診察室や待合室に増設し、よりクリーンな環境となるようにしております。

 

新型コロナウイルス感染対策に関しては、院内感染対策のページをご覧ください。

 

診療内容

お子様に関する様々なご相談に対応できるようにしたいと思っています。

発熱・咳などの風邪症状だけでなく、皮膚症状、耳鼻科的症状、目の症状などでも、まずはご相談ください。

 

気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの小児のアレルギー疾患にも対応しております。

乳幼児は肌トラブルを起こしやすく、日々のスキンケアが重要となってきます。

当院では、スキンケア指導も医師自ら行っております。

 

乳児の臍ヘルニア(でべそ)の圧迫療法も行っております。

治療開始が早ければ早いほど、治療効果が出やすいので、当院では4か月以内での治療開始を推奨しております。

 

診療内容に関しての詳細は、診療内容のページをご覧ください。

 

また、予防接種には特に力を入れています。

10年前に比べてワクチンの種類は2倍以上となり、大変良いことですがスケジュールを立てるのが難しくなっています。

是非、お気軽にご相談ください。

 

検査方針

検査はすべて物事の白黒をつけるものではなく、限界があります。

なるべく「本人にとって意味のある検査」を心掛けています。

特にレントゲンに関しては3.11以降、かなり限定して行っています。

侵襲の無い超音波検査に関しては、積極的に取り組んでいます。

 

治療方針

お母さん方の声に耳を傾け、できるだけわかりやすくご説明し、選択する医療を心掛けています。

例えば、水いぼの治療は絶対取らないといけないとか、全て放置で良いというわけでなく、家族・お子さん本人の希望と状態とで治療方針は決めていきたいと考えています。

 

また、必要な時に必要な薬剤を処方しております。

特に抗菌薬の使用は腸内細菌叢を乱し、アレルギー疾患やCrohn病などの炎症性腸疾患の発症リスクを高める報告が多数あります。

なので、不必要な抗菌薬使用がないよう、適切な時に適切な薬剤を処方するよう気を使っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME