メニュー

診療内容

一般小児外来

お子さんのことでお困りなことがありましたら、どんな事でもお気軽にご相談ください。

当院では発熱、かぜ、胃腸炎などの急性疾患だけでなく、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、便秘症などの慢性疾患で長期的にフォローが必要な疾患の診療も行っております。

微量の血液でも検査可能な自動血球計数CRP測定装置を設置し、お子さんに少ない負担で検査ができ、感染症罹患時に抗生剤の適正な使用にも重要な役割を果たしております。

また、被爆のリスクがなく侵襲のない超音波検査には力を入れております。

病気を治すだけではなく、その子の今後の成長に寄り添って、お子さんとその家族の方、皆がより笑顔で過ごせるようなお手伝いができたらと思いながら日々診療にあたっております。

小児アレルギー

気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどの小児アレルギー疾患の診療も行っております。

川尻自身も幼少期から上記すべてのアレルギー疾患に悩まされており、現在も継続して治療を行っております。

治療を続けることの重要性も、続けることの大変さもよくわかるので、お子さんや御家族が前向きに治療に向き合えるよう、寄り添いながら説明をするよう心がけております。

 

気管支喘息

気管支喘息のお子さんは、発作が起きていない時も気道粘膜に炎症が起きており、普段から気道が狭い状態です。

発作時の治療を行い対応することも大事ですが、日ごろから気道粘膜の炎症を抑える治療を行うことで、感冒時など発作が誘発されやすい時に苦しくなりにくくすることができます。

気管支喘息の診断をした際は、定期治療の重要性をしっかりと説明し、長期治療が行えるようにしております。

また、気管支喘息の悪化因子としてハウスダストやダニが挙げられ、普段の生活での環境を整えるも発作誘発を抑制させる点で重要となってきます。

お部屋の掃除や、カーペットをひかないなどの環境整備、御家族の禁煙等、生活面での指導も行い、喘息を悪化する要因を取り除くようにしております。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏剤を塗布することが重要視されがちですが、一番大事なことは軟膏を塗る前の洗浄・保湿を行うスキンケアです。

洗い方のポイントや保湿剤の塗布量・塗り方の指導を行っております。

再診時には残薬を持参していただき、適切な塗布量で治療できているか、お母さん方と一緒に確認するようにしております。

子どものスキンケア

アレルギー性鼻炎

必ず鼻腔粘膜所見を確認し、必要であれば鼻汁検査を提出し、アレルギー性鼻炎の診断を行っております。

アレルギー性鼻炎の治療は、アレルゲンの除去及び回避をすることが基本です。

必要に応じて、抗アレルギー薬の服用、鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)による治療を選択しております。

また、当院では体質改善が期待できる舌下免疫療法を実施しております。

舌下免疫療法に関しては、下記に詳しく記載しておりますので、ご参照ください。

舌下免疫療法

食物アレルギー

食物アレルギーは、詳細な問診がとても重要となります。

乳児から幼児早期での食物アレルギーの3大アレルゲンである、鶏卵・牛乳・小麦に関しては、当日中に結果が出る検査を当院で行っております。

お母さん方とお話し、必要時には検査も行い、不必要な除去が生じないようにしております。

食物経口負荷試験など精査が必要と判断した場合は、検査可能な医療機関へ紹介させていただいております。

小児皮膚科疾患

アトピー性皮膚炎や、皮脂欠乏症(乾燥肌)、乳児湿疹、伝染性軟属腫(水いぼ)、伝染性膿痂疹(とびひ)などの小児皮膚科疾患の診療も行っております。

水いぼに関しては、当院では内服・塗布薬加療だけでなく、痛み止めテープを使用して摘除も行っております。

また、スキンケア指導は特に力を入れております。

当院では実際にスキンケア製剤などを用いながら、医師が自らスキンケア指導を行っております。

子どものスキンケアに関しては、下記ページに詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

子どものスキンケア

小児外科疾患

急性虫垂炎(盲腸)や腸重積症、肥厚性幽門狭窄症などの急性の消化器疾患は、手術の必要性の判断が求められるます。

超音波検査を施行し、診断した際や疑わしい場合は、外科的治療の対応が可能な施設へ紹介させていただいております。

また、乳児の臍ヘルニア(でべそ)の圧迫療法も行っております。

当院ではテープかぶれが生じにくい圧迫材を使用し、治療を行っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME