メニュー

子どものスキンケア

子どもの肌の特徴

子どもの肌は大人と比べて皮脂を分泌する機能が未熟です。

皮脂は肌を覆うバリア(皮脂膜)となり、角質の水分を保持すると同時に、外からの異物(アレルゲンや細菌など)が体の中に侵入するのを防いでくれます。

そのため、皮脂分泌の少ない乳幼児の肌は、乾燥や刺激には弱いことが特徴です。

日々のスキンケアをしっかり行うことで、そういった乾燥や刺激に負けない、バリアの整った肌を目指すことができます。

 

スキンケアについて

スキンケアは①洗うこと  ②保湿することの二つが特に重要です。

保湿剤を塗ることに重きを置きがちですが、その前の洗うことも同じくらい大事です。

良い洗い方で、汗や垢などをしっかりと落として、皮膚トラブルの悪化要因を取り除く必要があります。

 

洗い方について


《洗い方の3つのポイント💡》

①ふわふわの泡で洗う

②ゴシゴシ擦らず優しく手のひらで洗う

③肘やひざ、首のしわをしっかり伸ばして洗う


 

①②に関しては、お母さん方の日々のスキンケアと同じです。

(摩擦はお母さん方のしわに対しても大敵です!)

ふわふわの泡で洗うことで、汚れの吸引力がupし、摩擦を抑え肌に優しい洗い方ができます。

 

また、子どもは首や手足の皮膚の溝に汗や垢が溜まりやすく、それらの汚れが残ってしまうと、皮膚の炎症を悪化させてしまいます。

洗う時は、皮膚の溝をしっかり伸ばして、ふわふわの泡で洗い、シャワーで洗い流す時も、溝をしっかり伸ばして石鹸カスが残らないように洗い流しましょう。

 

洗い方に関しては、下記も参考にしてみてください。

洗い方のポイント

 

また、ふわふわの泡の作れる”ほいっぷるん”というおすすめのグッズが100均にあります。(むらまつ小児科近くの100均です。)

使い方を下記動画で紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

保湿について

上記に記載したとおり、子どもは乾燥しやすいので、日々の保湿がとても重要となります。

保湿をしっかりと行うことで、きめの細かい、バリアの整った肌をつくれます。

皮膚トラブルの元となる悪化外的要因にも負けない、バリア機能の高い肌を目指しましょう。

 

保湿剤はクリームタイプのものから、乳液のようなタイプのもの、泡のフォーム製剤等様々あります。

その子の肌の状態や、使用感の好みも含め、診察時に保湿剤の種類を患児とご家族と一緒に選択しております。

 

また、保湿剤は塗り方や塗る量がとても重要です。

当院では、診察時に保湿剤を使用して、ご家族に塗り方や量を説明しながら、実際に患児に塗布していただいて、使用感などを確認していただくようにしております。

多くのお母さん方は、「こんなにたっぷり塗るんですね!」といった反応をされます。

保湿剤を処方するだけでなく、塗り方のポイントを説明することで、より良い肌作りの手助けとなればと思っております。

保湿剤の塗り方や塗る量については、下記サイトで詳しく説明されている動画があるので、ぜひご参照ください。

保湿剤の塗り方

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME