むらまつ小児科

不必要な検査・投薬はなるべく避けるようにしています。

TEL.0246-72-0707 

〒972-8318 いわき市常磐関船町上関48-1

Linear Model

Linear Model

image1

UNSCEAR place prime importance on the direct induction by radiation of targeted mutations in DNA as the major driver of low-dose health effects. And also judged that absorbed dose is the most appropriate exposure quantity to use in assessing the health effects of ionizing radiation.

UNSEARは、放射線がDNAを狙い撃ちにして突然変異を直接誘導することが、低線量被ばくによる健康被害の最大の原因であり、最も重要であると考えます。合わせて、電離放射線の健康被害評価の指標としては、吸収線量が最適であることを確認します。  UNSCEAR 2000

Damage to deoxyribonucleic acid (DNA) in the nucleus is the main initiating event by which radiation causes long-term harm to organs and tissues of the body. Double-strand breaks in DNA are regarded as the most likely candidate for causing critical damage. Single radiation tracks have the potential to cause double-strand breaks and in the absence of fully efficient repair could result in long-term damage, even at the lowest doses.

放射線の長期にわたる臓器、組織への障害は、細胞核のDNAへの障害から始まります。最も重大な障害としては、DNAの二本鎖切断によるものがあります。Single radiation track には、DNAの二本鎖を切断するエネルギーがあり、修復が十分でなければ、たとえ最低線量であっても、長期にわたる障害を残す可能性があるのです。  UNSCEAR 2000

Even with protective processes induced and acting, it is clear that misrepaired radiation damage gives the potential for progression to cancer induction or hereditary disease.

修復過程が正常に作働したとしても、修復されそこなった障害が、発がんや次世代以降の遺伝疾患につながる可能性を持つことは明らかです。  UNSCEAR 2000

Leading opinion holds that a single radiation event is sufficient to provoke the chromosomal change required in a cell to start it on the path toward being a cancer cell.

一つの細胞ががん化へのスタートを切るのに十分な染色体上の変化は、放射線一本で起こすことができるというのは、ほぼ定説となっています。  POISONED POWER 1971       Gofman and Tamplin

Nixon政権下でWar on Cancer projectsが開始されたのが、1971  原がん遺伝子から、がん遺伝子への転換が1個の塩基の変異によるとわかったのが、 1982      Robert Weinberg

 

ln the evidence, both from experimental animals and from humans, lead us to expect that even the smallest quantities of ionizing radiation produce harm, both to this generation of humans and future generations. Furthermore, it appears that progressively greater harm accrues in direct proportion to the amount of radiation received by the various body tissues and organs.

最少単位の電離放射線により、現世代、次世代以降ともに健康被害を受けることは、実験動物、人での証拠が示しています。さらに、その障害の程度は、組織、臓器の受けた放射線の量に正比例すると思われるのです。 POISONED POWER 1971

It doesn’t matter whether the radiation is external to the body or provided through air, food, or water. What counts for any particular organ, is the total absorption of radiation energy, which is measured in rads.

外部被ばくであっても、内部被ばく(空気、水、食物)であっても、radで計測されるある臓器における吸収エネルギーの積算量が、意味を持つのです。  POISONED POWER 1971

摂取量の数分の一が数十グラムに集中する甲状腺の内部被ばく(空気、水、食物)は事故における初期被ばくを象徴する。子どもの甲状腺がんは、放射線による健康被害の実態をわかりやすく教えてくれる唯一の例。

 

Threshold could occur only if repair processes were totally effective in that dose range or if a single track were unable to produce an effect.

一本の放射線がゼロリスクであるか、または対象線量域で修復過程が完全でなければ、しきい値(安全量)はあり得ないのです。  UNSCEAR 2000

Even at low doses radiation may act as a mutational initiator of tumorigenesis and that anti-tumorigenic defenses are unlikely to show low-dose dependency. In general, tumorigenic response does not therefore appear to be a complex function of increasing doses. The simplest representation is a linear relationship, which is consistent with most of the available mechanistic data.

低線量であっても、放射線には発がんへの起点となる突然変異を起こす力があります。また修復過程は低線量領域において特に有効とも思えません。一般的に、発がんの仕組みは、線量に応じた複雑なものとは考えにくく、しきい値なし直線仮説が、今までのほとんどのデータに矛盾しない、すっきりしたモデルなのです。 UNSCEAR 2000

 

If someone claims to abide by responsible public health ground rules, which include using linear theory, and then says that some dose of radiation is safe, he is guilty of public health responsibility.

責任をもって、公衆衛生上の基礎ルールを遵守する人が(この程度の放射線は安全だ)などというはずはありません。しきい値(安全量)なし linear theory は、まぎれもなく、この基礎ルールの一つなのです。   POISONED POWER 1971

この公衆衛生の基礎ルールを守らない東大教授がいます。 ionizing(電子が離れること)における a single radiation track (直接作用)のリスクを無視して、 ionizingの結果としての活性酸素の作用に焦点をずらし(日常生活で発生する活性酸素の量に較べたら、放射線によるものは取るに足らないとする)、人以外の動物のデータを加えて、linear theory に疑問を呈し、しきい値(安全量)の存在を示唆するのです。

 

If molecules which scavenge radicals and which are normally present in tissue greatly exceed in concentration the free radicals generated at low dose rates, there may well be no initiating event, i.e., damage to DNA. The threshold could be the dose rate at which the radiation-induced free radicals exceed the scavengers.

組織内に通常存在するscavengersで、低線量率で生成されるfree radicalsに十分対処できれば、DNA障害は起こらない。しきい値というのは、放射線由来のfree radicalsがscavengersを上回るような線量率をいうのです。          Rosalyn Yallow 1989       RIA (radioimmunoassay)法を確立した核科学者

Not even a shoulder-to-shoulder ”army” of other scavengers in the aqueous medium can protect the genetic molecules against DIRECT interaction with an ionization track—regardless of dose. The chance of direct interaction will be proportional to the number of tracks (that is, to the dose) right down to the lowest conceivable dose or dose-rate. Moreover, direct interactions may well be the IMPORTANT events in causing permanent alterations of genetic molecules.

scavengersが、水溶媒のなかで、遺伝分子と肩を触れ合うような位置にあったとしても、最低線量のionization tracksからの直接作用を防ぐことはできません。この直接作用による障害は、最低線量、最低線量率に至るまで、ionization tracksの数(線量)に比例するのです。さらにこの直接作用は、遺伝分子に永続性の変化を与える重要な出来事といえるのです。  John W. Gofman  1990

 

While no evidence for the induction of heritable effects by radiation in humans has been obtained, studies with experimental organisms clearly demonstrate that radiation can cause heritable effect. Despite the lack of human data, the Committee considers there to be a risk to humans because they are unlikely to differ from other organisms. The induction of heritable mutations in the germ line is considered to be the mechanism of induction of heritable effects.

人での直接のデータはありませんが、人以外の生物における実験データは決定的であり、UNSCEARは、人間において放射線による遺伝リスクは存在すると考えます。人だけが例外のはずはないのです。生殖細胞系における変異誘発がその原因と思われます。  UNSCEAR 2000

In somatic cartinogenesis, radiation-induced initiating events are but one of many steps required for tumor formation. By contrast, direct induction of mutations in the germ line, where compatible with viability, will directly contribute to the burden of heritable mutations and possible heritable disease.

体細胞系のがん化に関しては、放射線による最初のきっかけは、がん化に必要とされる多くの段階の一つにすぎませんが、生殖細胞系における直接の変異誘発は、その細胞が生き残った場合、遺伝する変異や遺伝性の疾患に直接つながり、次世代以降に負担を与えることになります。  UNSCEAR 2000

Judgements on risks of heritable effects at low dose are therefore subject to fewer mechanistic uncertainties than those for risks of cancer. Thus estimation of risk of heritable disease at low doses is based on a linear no-threshold approach with an estimated doubling dose of around one gray.

ゆえに、低線量被ばくにおける放射線の遺伝リスクについての判断に当たっては、がんと比べて不明な点が少なく、遺伝疾患のリスク評価は、推定1gray 近辺を倍加線量とするしきい値(安全量)なし直線仮説によることになります。  UNSCEAR 2000

これ以下では遺伝影響は見られないという線量は存在しない。

 

倍加線量  ある健康被害において、自然発生と同等の過剰発生をみる被ばく線量。ある集団において、全員がこの線量を被ばくすれば、全員が亡くなるまでに、その集団に発生する自然(がん)の数と同等の過剰(がん)の発生をみることになる。 伴性を含む優性遺伝子病における倍加線量は、UNSCEAR 1gray、BEIRⅢ 0,5gray~2,5gray、 Gofman 0,25gray~2,5gray.

放射線による遺伝影響は、がんのように all or none ではなく、定量評価が難しい。人ほど遺伝性疾患や不妊の多い動物種は珍しい。

がん死の倍加線量は、UNSCEAR2gray、BEIR2gray、ICRP4gray、Gofmanは0,5gray.(子どもは0,15~0,2gray)年齢、性が一致すれば、どのような種類のがんであっても値は同じ。がん線量は倍加線量の4~5倍に当たる。人ほどがん死の多い動物種は珍しい。

 

Any permitted radiation is a permit to commit murder.

放射線の許容量を設定するということは、その分だけ 殺人を許可するということを意味する。      John W. Gofman

しきい値(安全量)なし直線仮説によれば、ある集団を構成するすべての人の被ばく線量の合計(Person-Rad)で、その集団の人々の余命中に発生する放射線によるがん死の数が決まります。したがって、平衡人口社会において、がん線量を300radとすると、1,2000,0000人が0,1rad(1mSv)ずつ被ばくすれば、4万人にがん死が発生する計算になります。

0.75mSvなら3万人。年間がん死者は約35万人。自然放射線はがん成因の5~10%.

ある集団における、自然放射線以外の被ばく線量の合計(Person-Rad) は、その大きさに応じた過剰がん死を、その集団にもたらします。集団被ばく量(Person-Rad) においては、個人の被ばく線量よりも、集団の規模が大きな意味を持つのです。そして、がんは、どのような被ばく線量から発生しても、その性状に違いはないのです。

1,2000,0000人×0,1rad=4,0000人×300rad

 

A nuclear accident anywhere is an accident everywhere.

 

We call for evacuation of American citizens fore within 50 miles of the plant. This decision was based upon careful scientific evaluation and guidelines that we would use to keep our citizens safe in the United States.          Barack Obama

我々は原発50マイル以内のアメリカ人に避難を勧告する。この決定は、事故の詳細な科学的分析と、米国内での事故の際に住民の安全を確保するために我々が使用することになるガイドラインによっている。

 

今回の事故における避難勧告は、半径30マイルから40マイル程度が妥当であった。米政府による、事故当時の半径50マイル(staying outside a 50-mile radius of the plant)も、(結果として少し大きめではあったが)当時としては合理的で正確な判断であった。 Gregory B. Jaczko    (前NRC委員長) 2014.3  東京にて           (避難指示は30 マイルまで)

It (Unit4 pool) may not have been dry, but it certainly wasn’t full. There was no need to change the fifty-mile evacuation advisory, the team assured Jaczko.  2011.3 

 

東電撤退(out of control)となった2011.3.15に南下したplumeの I-131濃度は、30マイル近くまで100,000Bq/m3を超え、沿岸部では約50マイルまで高かった。茨城、栃木では10,000Bq/m3を超す地域が広範囲に亘り、東京では、1,000Bq/m3を超えた。大量放出は約10日続き、3.21には伊豆半島で600.000Bq/m2(単位面積当たり)を記録した。(NHK )     

Cs137,134の(Bq)は、合わせてI-131の約25%

 

If the cesium in the flesh water happens to be radioactive cesium-137, from a nuclear reactor or other source, then the fish will contain 1000 times more cesium-137 than the fresh water itself, on a weight-for-weight basis.

淡水に cesium-137 が含まれる場合、そこに棲む魚の単位重量当たりの cesium-137 濃度は、淡水の濃度の 1000倍となる。(水栽培の植物も同じ)    POISONED POWER 1971

淡水のcesium-137 濃度を、1Bq/Lとすると、そこに棲む魚のcesium-137 濃度は、1000Bq/kg、これが1年続くと、約6mSv(均一分布と仮定)の被ばくに相当する。Cs137の崩壊エネルギー(1.2MeV)は、K40(1.3MeV) より少ないが、生物的半減期は数倍。同じBqでも、被ばく量はCs137が多い。体内に取り込まれたCs137の減衰曲線(物理学的半減期、生物半減期による)はICRPのいう指数関数的ではなく、指数関数の積分値は被ばく量の過小評価に当たる。

震災以前の那珂川(茨城)における cesium-137 濃度は、0.0001 Bq/L      不検出の水道水のCs濃度は震災前の1,000~10,000倍。検出限界を甘くすればどんな水でも不検出。

Srは骨に10万倍~100万倍の生物濃縮。 汚染水のSrは、1億Bq/L  2014.9

 

Since 1977, human epidemiological evidence has repeatedly shown that the premise of a concave-upward dose-response in humans for radiation cartinogenesis is fundamentally flawed. And the record shows that the radiation committees knew it by 1980.   John W. Gofman

1977 以来、ヒトに於ける疫学所見は、被ばくにおける発がんにおいて、risk reduction を起こす factors があるとの前提に立つ concave-upward dose-response は基本的に誤りであることを繰り返し証明してきた。そして、1980 までには、radiation committees はこのことを知っていたことを示す記録が残っている。

Recent experimental findings on radiation-induced tumours in experimental animals have not substantially changed the main conclusions reached in annex 1 of the 1977 UNSCEAR report. Most data support the notion that dose-response relationship for x and gamma rays tend to be curvilinear and concave upward at low doses. Under these conditions, tumor induction is dose dose-rate dependent, In that a reduction of the dose rate ,or fractionation , reduces the tumour yield. A linear extrapolation of the risk from doses delivered at high rate to zero dose would thus, as a rule, over-estimate the real risk at low doses and dose rates.

最近の実験動物による知見は、annex 1 of the 1977 UNSCEAR report の主たる結論を変えるには至っていない. 低線量域におけるx線、γ線の線量リスク関係がconcave upwardの曲線関係にあることは、ほとんどのデータが支持している。このような状況下にあっては、がんの発生は線量、線量率によるのであって、線量率の低下、または線量の分割により、がんの発生は減少する。高線量からの知見をもとに、直線関係をゼロまでのばしたしきい値なし直線仮説のリスク評価は、低線量、低線量率においては、原則として、現実のリスクの過大評価に当たるのである。     UNSCEAR 1986

Although the absence of the threshold is often assumed, this has not been proved for any form of radiation-induced malignancy and must be regarded as a working hypothesis at this moment. Proving or disproving a threshold below the levels of direct observation may be impossible, due to statistical fluctuations of the spontaneous level and of the presumably induced response.   UNSCEAR 1988

閾値が存在しないとしばしばいわれるが、放射線による発がんにおいては、いかなる形に於いても証明されていない。さらなる検討が必要である。そもそも、ある level 以下の直接観察により閾値の有る無し を証明することは不可能と思われる。あるかもしれない反応は、統計学的ゆらぎのなかに隠れてしまうからだ。

(These problems can be overcome when young adults receive a HIGH total dose via a series of small dose, and when an appropriate control group is available.)

適切な control が存在し、若い成人が、HIGH total dose をいくつもの small dose に分けて被ばくすればこの問題は解決する。

In 1988, Warren Sinclair, president of the NCPR conceled that in the A-Bomb Study 1950-1982 “It appears that the dose effect response is fitted about as well by a linear as by a linear-quadratic equation, and this may also influence risk estimate.”

1988 NCPR president の Warren Sinclair は、A-Bomb Study (1950-1982) において、dose-effect response は linear と思われるが、linear-quadratic equation (supra-linear) といってもおかしくない。このことは、 risk 評価に影響を与えるかもしれない、といっている。

 

AWAKENINGS   OLIVER SACKS

It is highly unlikely that a dose threshold exists for the initial molecular damage to DNA, because a single track from any ionizing radiation has a finite probability of producing a sizable cluster of atomic damage directly in, or near, the DNA. Only if the resulting molecular damage, plus any additional associated damage from the same track, were always repaired with total efficiency could there be any possibility of a dose threshold for consequent cellular effects.

DNA分子に対する最初の障害にしきい値が存在する可能性は(まず)ありません。 a single track は(どのような電離放射線からであっても)DNAまたはその近辺の原子の集合に対し、ある程度以上の障害を、確実に、直接与えます。a single trackによる分子障害とそれに関連する障害の修復過程が完璧でなければ、その後の細胞の変化にしきい値が存在することはないのです。 UNSCEAR 1993

Biological effects are believed to arise predominantly from residual DNA changes that originate from radiation damage to chromosomal DNA. It is the repair response of the cell that determines its fate. The majority of damage is repaired, but it is the remaining unrepaired or misrepaired damage that is then considered responsible for cell killing, chromosomal aberration, mutation, transformations and cancerous changes.

放射線によるDNA障害としての生物学的効果は、主にDNAにおける(結果としての)変化によります。その後を決定づけるのは、修復過程の状況です。たいていの障害は修復されますが、修復されなかった、またはされそこなった障害が、細胞死、染色体異常、突然変異、遺伝子の変質、がん化へつながるのです。 UNSCEAR 1993

 

When individuals in the contaminated areas were compared with the general population in these countries, increased morbidity due to diseases of the endcrine, haematopoietic, circulatory and digestive systems was found. A higher rate of mental disorders and disability had also been noted. It was difficult to interpret these results since the observations may have been, at leastpartly, explained by the active follow-up of the exposed populations and by the fact that age and sex were not taken into account in these studies.

汚染地域においては、内分泌、血液、循環器、消化器疾患の増加がみられる。精神神経疾患、障害の増加もみられる。この事実の解釈は難しい。汚染地域の住民を対象とした積極的な検診が疾患の掘り起しになっている可能性があり、調査に当たっては、年齢、性差が考慮されていないからである。    UNSCEAR 2000

Ionizing radiation, received even at very low and moderate doses, is an important cause of Ischemic Heart Disease (IHD); the probable mechanism is radiation-induction of mutations in the coronary arteries, resulting in dysfunctional clones (mini-tumors) of smooth muscle cells.

電離放射線は、低線量,中線量であっても、虚血性心疾患の重要な原因となり得ます。冠動脈において、平滑筋細胞に、突然変異による機能を失った微小腫瘤が形成されるためと思われます。  John W. Gofman  1999

原爆認定基準からがん以外を除外  2013

 

At sea level we get approximately 100milirads(1mSv) per year from natural radiation. We estimated that exposure to 100milirads would cause about 18,800 cancer plus leukemia deaths each year. and estimated that for 200-million people, between 58,800 to 588,000 genetically caused deaths are being experienced each year as a result of natural radiation.

sea level において、我々は年間約 100milirads(1mSv)を自然放射線として被ばくする。この 100milirads(1mSv)の被ばくにより、毎年18,800 cancer+ leukemia deaths が起こるであろうことを我々は推計した。また2億人の人口において 、58,800 から 588,000の genetically caused deaths が毎年起こっているであろうことも推計した。         POISONED POWER 1971

 

2007 John W. Gofman没

There is no clearly demonstrated increase in the incidence of solid cancers or leukemia due to radiation in the exposed populations. Neither is there any proof of other non-malignant disorders that are related to ionizing radiation. However, there were widespread psychological reactions to the accident, which were due to fear of the radiation, not to the actual radiation doses (Chernobyl)

Chernobylにおける、被ばく人口において、固形がん、白血病の明らかな増加はない。放射線に関連する他の健康被害も見られない(放射線で説明するには変化が大きすぎる)。しかしながら、実際のひばく線量とは無関係に、放射線への不安から起こる心理的反応は極めて大きかったのである。   UNSCEAR 2008

UNSCEAR の認める被ばくによる健康被害は、Chernobylのある区域において、事故時子どもであった人の2003までに明らかになった甲状腺がん約6000人のみ。被ばくによる過剰がんはあらゆる年齢層で発生し、その死亡率は生涯上昇する。

 

Chernobyl事故後に、Gofmanが予測するCs137,Cs134による過剰がんの数(leukemiaは含まない。他の核種によるものも含まない)は、fatal 47.5万、non-fatal 47.5万。 UNSCEARをはじめとするradiation communityが予測する過剰がんの数はfatal 1~2万。whole-Body Dose(Person-Rad)推測に大きな違いはなく(UNSCEARはGofmanの1/2)、 Person-Rad当たりのFatal Cancer予測が異なる。

Cancers=(127,400,000person-rad)×(37.313cancers/10,000person-rads)=475,368(Linear Model)

Cancers=(70,000,000person-rad)×(2cancers/10,000person-rads)=14,000(concave UPWARD Model)

 

At some later date, when a larger data base is available, the estimates of cancer risk per rad will in all likelihood have to be raised, to take into account the supra-linear rather than linear relationship between cancer risk and dose.

今後、データベースの蓄積があれば、(低線量領域における)1rad当たりのガンのリスクの上昇はあらゆる点から確認され、linear model(しきい値なし直線仮説)はsupra-linear model にとってかわられるでしょう。   John W.Gofman  1981

XY座標軸において、点(1,1)と点(n,n)を結ぶ線は3通りあります。線量リスク関係は、点(1,1)から、始まります。

① concave-upward(曲線)y=xの下の領域へのふくらみ y=x2乗の1象限の曲線のかたち

② concave-downward(曲線)y=xの上の領域へのふくらみ y2乗=xの1象限の曲線のかたち  supralinear model

③ linear(直線) しきい値(安全量)なし直線仮説( Linear Non-Threshold)とは、線量リスク関係が、点(1,1)と点(n,n)を結ぶ直線上にあることを意味します。点(1,1)は 1本の放射線によるリスクを表します。

Gofmanは、人においては ①はなく、②が基本で、③は(低線量域においては)リスクの lower limit に当たるというのです。

1980年代も終る頃(Chernobyl事故の数年後)、concave-downward(supra linear model)が確からしくなって、concave-upward(曲線)は難しくなったのです。そして、supra linear は避けたいのです。

 

There is no longer any need to extrapolate from acute high-doses above 100rads(100cSv), in order to make risk-estimate at acute-low or at slow-low doses. The A-Bomb Study has already provided direct evidence at low doses for all cancers combined and it will continue to do so, provided its legitimacy as a credible, prospective study is maintained.

Acute-low, slow-low doses に於ける risk 評価に当たっては、100 rads 以上の high doses からの risk 評価の借用はもはや必要ない。 A-Bomb Study はすべてのがんを集合することにより、low doses における直接の証拠を示している。信頼に足る前視野的研究が確保される限り、これは将来も変わらないだろう。  John W. Gofman   1990

The meaning of a linear dose-response is that one rad has a fixed, unchanging carcinogenicity regardless of dose-level. By contrast, supra-linearity means that each incremental rad is less cartinogenic as dose rises; low-dose rads are more potent than high-dose rads.

Linear dose-response では、dose-level には無関係に、one rad は固定した cartinogenicity を持つ。 一方、Supra-linearity では、rad が増えて dose が上がると、rad 当たりの cartinogenicity は減少する。Low-dose rads はhigh-dose rads より、単位線量当たりの有害性が大きいのだ。

The evidence from the A-Bomb Study for all cancer-sites combined, both in the legitimate T65D dosimetry AND in the supplemental DS86 dosimetry, fits a supra-linear dose-response provably better than it fits a linear dose-response—-if the DS86 dose-estimates are properly used(without retroactive shuffling of the cancer cases).

DS86 dose-estimates を(後から混ぜ返すようなことをせずに)正しく使用する限り、正統的な T65D においても、補助的な DS86 dosimetry においても、linear dose-response より supra-linear dose-response が妥当であることは証明可能である。

Our claim, above, is demonstrated step-by-step in Gofman 1990, from raw-data to conclusion, with no mystery-gaps.

我々の主張は、Gofman 1990 において、生の data から結論まで、一点の曇りもなく厳密に証明されている。

(How do the NRPB and other government committees manage to miss the super-linearity? They embrace the retroactive shuffling of the cancer mortality cases.)

NRPB や、政府の committees はなぜ super-linearity を素通りできるのか。鍵は がんの死亡症例の混ぜ直しにある。

 

RERF analysts, Donald Pierce and co-workers, report their findings on solid Cancers from a longer follow-up perod (1950-1990) in the A-Bomb Life-Span Study. They state “The dose response is quite linear up to about 3 Sv (up to about 300 rads). These data do not suggest the existence of a threshold below which there is no excess risk.” The RERF analysts also report that the 1950-1990 data, “taken at face value” show supra-linearity and indicate that the cancer rate per cSv (rad) grows progressively more severe as dose DECRESSES in the region between about 35 rads and zero dose.   RERF 1996

(The RERF analysts find statistically significant excess Cancer even at doses as low as 5 cSv.)

RERF の Donald Pierce らは、A-Bomb Life-Span Study (1950-1990) における固型がんについて報告している。

“the dose response は、3Sv まで極めて直線的であり、これらの data はこの点以下では risk はないとする閾値の存在を示唆しない。 (1950-1990) の data を額面通り受け取れば、それは supra-linearity

を示しており、rad当たりの がんの発生率は、0-35 rad の区間に於いては、doseが下がるにつれて、急に大きくなる。

彼らは、50mSv くらいまでは、統計学的に有意のがん増加を認めている。    RERF   1996

 

 

Gamma rays and X-rays are photons which injure cells and cell-nuclei by ejecting from a molecule or atom and putting it into high-speed motion; There are three ways in which such photons transfer their radient energy to high-speed electrons. Beta particles, of course, are already high-speed electrons.

Gamma rays and X-rays(光子)は、分子、原子から高速電子を発生させ、細胞、細胞核を損傷する。高速電子へのエネルギー受け渡しには、3つの方法(光電効果、コンプトン効果、電子、陽電子の対生成)がある。Beta particles は、高速電子そのものである。 John W. Gofman 1980

γ線の生体への障害は、二次的に生じた高速電子による。

Ionizing radiation is not like a poison out of a bottle where you can dilute it and dilute it. The lowest dose of ionizing radiation is one nuclear track through one cell. You can’t have a fraction of a dose of that sort . Either a track goes through the nucleus and affects it , or it doesn’t.

電離放射線は、他の毒物のように、ビンから取り出して、どこまでもどこまでも薄めるようなことはできません。電離放射線の最少線量は、細胞核を貫通するone nuclear trackであり、これが基本単位となります。細胞核を貫通して影響を与えるか、外れて全く影響がないかのどちらかなのです。  John W. Gofman 1983

 

1mSvの被ばくとは細胞1個当たり平均1本の放射線(one nuclear track)が核を貫くこと。外れると核の被ばくはない。放射線の生体へのエネルギーの受け渡しは、きわめて効率のよい離散的な形になっていて、その分one nuclear trackの威力は大きい。半数以上が数週以内に死亡するといわれる 4Gray を全身被ばくしても、その エネルギーで 体温は 0.001 ℃しか上がらない。

The Statement that intra-track lesions can be fully competent cartinogenic lesions should not be interpreted as a statement that every cartinogenic lesion becomes a clinically manifest cancer.

放射線により障害を受けた病変ががん化への条件を完全に備えているといっても、そのような病変すべてが臨床的にがんを発症するわけではありません。  John W.Gofman 1990

A potential cancer may need assistance from promotional agents in order to reach a clinical stage, and may also have to evade a series of defenses by the body. But as far as radiation itself is concerned, a single primary ionization track has all the properties which make ionizing radiation a human cartinogen.

臨床的に明らかながんを発症するためには、補助的因子も多数必要であり、幾多の体の防御機構も乗り越えなければなりません。しかしながら、放射線に関する限り、a single primary radiation trackが、ひとへのがん化因子として必要なすべての要件を備えていることは明らかなのです。

原がん遺伝子は1ヒット で活性化、がん抑制遺伝子は2ヒット(母親由来、父親由来)で不活性化、遺伝的に欠損があれば1ヒットで不活性化、がん成立へ。a single cellに始まるがんの発生は日常茶飯事。その中から選ばれたものだけが、必要な突然変異を重ね、長い年月をかけて悪性細胞として成熟に至る。

 

What is scientifically appropriate behavior is only SEMI-prudent with regard to public health protection. True prudence with respect to human health would require the operating assumption that current uncertainties in sampling and forecasting are causing us to UNDERestimate the real risk.

human health に関してのまっとうな prudenceによる作業では、データの不確かさや見通しの悪さが、現実のリスクの過少評価につながることを前提とする必要があります。public health protectionに関しては、学問的慎重さもほどほどに(SEMI-prudent) というのが唯一科学的に正しい態度なのです。  John W.Gofman 1990

Avoid sole reliance on statistical hypothes testing, such as the use of P values, which fails to convey important quantitative information. (Uniform requirements for manuscripts submitted to biomedical journals)

論文投稿に当たっては、重要な情報をかなり落とす可能性があるので、単一の検定指標(たとえばP)のみを根拠とするようなことは避けること。  New England Journal of Medicine 1991

In its evaluation of the health effects of exposure to ionizing radiation at low doses and dose rates, the Committee has recognized the limits to the statistical power of epidemiological analyses.

UNSCEARは、低線量、低線量率被ばくにおける健康被害評価に当たって、疫学の統計解析が力不足であることは理解している。 UNSCEAR 2012

人の低線量被ばくにおける疫学の統計解析手法に限界があることは、UNSCEARも認めています。人に関するデータで、public health protectionに生かせるものは、有意差で殺すことなく、生かすのが本当です。疫学の目的と方法、規模によっては、有意差がないとして(それを安全に結びつける) prudent より、ある程度の結果を出す SEMI-prudent のほうがより科学的といえる場合があるのです。

 

The Committee has used the phrase “no discernible increase” to express the idea that currently available methods would most likely not be able to demonstrate an increased incidence in disease statistics due to radiation exposure. This does not rule out the possibility of future excess cases or disregard the suffering associated with any such cases should they occur.     UNSCER 2014

Committee は “no discernible increase” を、被ばくによる疾患増加は(biasのかかった)現行の方法では統計学的有意を示せないだろうとの意味で使った。これは必ずしも将来の被ばくによる疾患増加を否定するものではないし、もしそれが起こった場合の被害者の苦しみを無視するものでもない。

In its press release,

UNSCER comes to the conclusion that “no discernible changes in future cancer rates and hereditary diseases are expected due to exposure to radiation as a result of the Fukushima nuclear accident; and, that no increase in the rates of birth defects are expected.”

UNSCER は次の様に結論する。 事故被ばくによるがん、遺伝疾患の明らか増加は予想されない。先天異常の増加も予想されない。

FukushimaでのI131放出量は、Chernobylの1/3、(Person-Rad)は1/30   UNSCEAR 2013

Person-Rad推定に対応する具体的な健康被害については言及がない。

 

 

UNSCEAR  United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation. A committee of radiation community . (A radiation committee) (国連科学委員会)1955創立。主たる業務が、原発擁護、事故被害の過小評価にあることは歴史が示している。日本人(放医研)のメンバーも多い。

The radiation community‘s  most prominent committees on health effects are four;     BEIR,ICRP, NCRP, and UNSCEAR.

BEIR and NCRP are American committees, and ICRP and UNSCEAR are international.

 

John William Gofman (1918~2007) was Professor Emerius of Molecular and Cell Biology in the University of California at Berkeley, and Lecturer at the Department of Medicine, University of California School of Medicine at San Francisco.

Independent of radiation community.

 

There was a release of radiation today, but the amount was small, and no harm will be done to the public health. (本日、放射能もれがあったが、量は僅かであり、公衆の健康への影響はないだろう) 1960s

Nonetheless, the new DS86 dosimetry for the A-Bomb Study has become the occasion fo retroactively altering the entire architecture of this study, and destroying its continuity.

原爆の新しい線量評価である DS86は、この原爆研究における全体の構造を(後から)すっかり変え、研究の継続性を損なうこととなった。   John W.Gofman 1990

(This special new group DS86 sub-cohort is a group from which one-sixth of the initial 91,231 persons have been removed, and a group in which the remaining 75,991 initial persons and their cancer-death have been shuffled into new cohorts.)

特別な新しい group である DS86 sub-cohort では、最初の 91,231 の症例から、その六分の一の症例が除かれ、残りの 75,991 の症例(とそのがん死)が混ぜ返されて新しい cohorts に再編成された。

 

Seven Deadly Sins; Wealth without work; Pleasure without conscience; Science without humanity; Knowledge without character; Politics without principle; Commerce without morality; Worship without sacrifice.

七つの大罪   労働なき富、良心なき快楽、人間性なき科学、人格なき知識、理念なき政治、道徳なき商業、献身なき崇拝。    Mahatma Gandhi (Indian political and spiritual leader, 1869-1948)

There are, in fact, two things, science and opinion; the former begets knowledge, the latter ignorance.

科学と意見という、二つのものがある。前者からは、(更新可能な)知識が、後者からは、無知が生まれる。 Hippocrates

Alvin Weinberg was a man of great foresight, moral force, and patience. His flaw was his idealism. He believed that science would rout ignorance, that reason would triumph over political might and personal ambition, and that his antagonists’ motives were as pure as his own.

ワインバーグには先見の明があり、彼は道徳的で辛抱強かった。彼の欠点は、その理想主義にあった。彼は、科学は無知の壁を破り、理性は政治や個人の野心に打ち勝つと信じていた。そして、彼の敵対者の動機も、彼同様純粋であると考えていた。  SUPER FUEL 2012

 

 

The centerpiece of that counterattack was an advertisement titled ”A Frank statement,” which saturated the news media in 1954, appearing simultaneously in more than four hundred newspapers over a few weeks. Written as an open letter from tobacco makers to the public, the statement’s purpose was to address the fears and rumors about the possible link between lung cancer and tobacco. In about six hundred words, it would nearly rewrite the research on tobacco and cancer.

反撃の目玉は“率直な声明”と銘打たれた広告だった。その広告は、数週にわたり同時に400以上の新聞に掲載され、1954年のnews mediaを埋め尽くした。それは公開状の形でたばこ業界から一般市民に向けたもので、たばこと肺がんとの関係に対する恐れと風評を打ち消すのが目的だった。約600語のそれはたばこと肺がんにおける当時の研究成果をほとんど書き直したものになっていた。

“A Frank Statement” was anything but frank. The speciousness began right from its opening lines: “Recent reports on experiments with mice have given wide publicity to a theory that cigarette smoking is in some way linked with lung cancer in human being.” Nothing, in fact, could have been further from the truth. The most damaging of the “recent experiments” (and certainly the ones that had received the “widest publicity”) were the Doll/Hill and Wynder/Graham retrospective studies—both of which had been performed not on mice, but on humans. By making the science seem obscure and arcane, those sentences sought to render its results equally arcane. Evolutionary distance would force emotional distance: after all, who could possibly care about lung cancer in mice? (The epic perversity of all this was only to be revealed a decade later when, confronted with a growing number of superlative human studies, the tobacco lobby would counter that smoking had never been effectively shown to cause lung cancer in, of all things, mice.)

“率直な声明”は、とても率直とはいえない(程遠い)もので、最初の1行から怪しさに満ちていた。“最近のmiceを用いた実験による喫煙がひとの肺がんと何らかの繋がりを持つという説は、広く知られるところとなっている。” これほど真実から遠いものもなかった。たばこ業界にとって最も痛い“最近の実験”(そして、もちろん最もよく知られた実験)はDoll/HillとWynder/Grahamによる後視法的研究によるもので、両方ともmiceではなくひとを対象に行われたものであった。科学そのものをあいまいで、不可解なものと見せることにより、その結果をも不可解であると思わせようとしていた。進化の上での隔たりは気持ちの上での隔たりに繋がる。いずれにせよ、だれがmiceの肺がんなど気にも留めるだろう。(この桁外れなだまし作戦に人々が気付くには、さらに10年を要した。その時、人を対象とした圧倒的な数の優れた研究を前にして、tobacco lobbyはいったものだった。喫煙がmiceに肺がんを起こす明白な証拠はいまだかって得られていない、と。)

Obfuscation of facts, though, was only the first line of defence. The more ingenious form of manipulation was to gnaw at science’s own selfdoubt: “The statistics purporting to link cigarette smoking with the disease could apply with equal force to any one of many other aspects of modern life. Indeed the validity of the statistics themselves is questioned by numerous scientists.” By half revealing and half concealing the actual disagreements among scientists, the advertisement performed a complex dance of veil. What, precisely, was being “questioned by numerous scientists” (or what link was being claimed between lung cancer and other features of “modern life”) was left entirely to the reader’s imagination.

業界防御のための作戦としては、事実をぼかすこと(隠蔽)がまず挙げられるが、より優れた作戦としては、科学自体に潜むあいまいさに焦点をあてることが挙げられる。“喫煙を疾患と結びつける統計結果の意味するところは、現代生活における多くの事例に、同じ程度に当てはめることができる。事実、その統計結果に対し、多くの科学者たちが疑問を持っている。” 広告は、科学者達による論点の半分を隠し、半分を公に出し、その複雑な組み合わせを工夫して、より大きな効果を狙うのであった。何が多くの科学者達によって疑問に思われているのか(また現代生活のどのような事例が肺がんと関連ありとされているのか)は、全て読者の想像に任せられているのであった。

Obfuscation of facts and the reflection of self-doubt—the proverbial combination of smoke and mirrors—might have sufficed for any ordinary public relations campaign. But the final ploy was unrivaled in its genius. Rather than discourage further research into the link between tobacco and cancer, tobacco companies proposed letting scientists have more of it: “We are pledging aid and assistance to the research effort into all phases of tobacco use and health… in addition to what is already being contributed by individual companies.” The implication was that if more research was needed, then the issue was still mired in doubt—and thus unresolved. Let the public have its addiction, and let the researchers have theirs.

事実のぼかし(隠蔽)と、科学の自己疑念の組み合わせは(よく知られた煙と鏡の例えのように)、通常のPR活動においては十分であるのかもしれない。だが、彼らには究極の一手が残されていた。たばこと肺がんの関係について、その研究を妨害するかわりに、更なる研究を勧めたのだ。“我々は、これまでの貢献に加え、喫煙と健康の関係のあらゆる面におけるすべての研究努力に対して、いかなる援助も惜しまない。” これの意味することはこうだ。更なる研究が必要という事は、この問題に決定的証拠はまだなく、結論は見えていないという事なのだ。研究者達にはさらに研究に励んでもらい、一般大衆には、今まで通り、たばこに溺れていてもらえばよいということなのだ。

 

 

We should avoid exposure to tobacco and avoid or reduce our exposure to alcohol. We could eat low-meat, fiber-rich diets, we could avoid exposure to UV and to ionizing radiation.

たばこからは確実に遠ざかる。アルコールはやめるか減らす。low-meat, fiber-rich diets (肉は少なく、食物繊維は多く)には常に心がけ、紫外線、電離放射線は、注意して、できるだけ避けるようにする。(couldの要求度はかなり高い。もっと避けることができるはずだ。)                 The Emperor of All MALADIES    2010

 

自然放射線による被ばくは、宇宙線によるものが(0,3mSv/year)、地球由来はK40によるものがほとんどで、外部被ばく(0,3mSv/year)、内部被ばく(0,2mSv/year)、 全部あわせて(1mSv/year)程度。 宇宙線由来の放射線は高度1600msでsea levelの2倍、高度3200msで4倍、飛行機の中ではその数倍になる。radium温泉の敷地内には10μSv/hrを超える場所がある。そこでのRn222 gas 吸入(α線)被ばくは、7つの崩壊物(daughters)ともども、たばこに次ぐ肺がんリスクとなっている。(lung-cancer deaths in the uranium miners)

 

自然放射線の線量 map は、ほぼ安定している。それに人工放射線がふりかかると(表面汚染密度 Bq/m2)、線量 map は歪んで不安定になり、場所、地上高によって揺れ動き、定まらない。

 

Homo sapiens, the only creature endowed with reason, is also the only creature to pin its existence on things unreasonable.

Homo sapiens は、理性を授かった唯一の生物だが、自身の存在を理性に従わない物事に託す唯一の生物でもある。   Henri Bergson (French philosopher, 1859~1941)

 

 

体重を15kg  甲状腺重量を15g とする。一日換気量を10m3とすると、10,000Bq/m3での一日摂取量は100,000 Bq、7,000 Bq/kg 1Bqが1MeVで1年持続とすると、7,000 Bq/kgは35mSv この半分を実効半減期180日の直線減衰modelとすると、Cs137の実効半減期は約70日なので、同じmodelで7 mSv  I-131の実効半減期は7日なので、同じmodelで0,7 mSv  全身均一で0,7mSvの場合、甲状腺では140 mSv.  1時間では7mSv.       東京では数mSv.

Plume吸入被ばくは線量計値の約10倍。

Plume微粒子(Cs)が水に不溶性なら排出は遷延し肺の被ばく量は約150倍に跳ね上がる。

Radioactive cesium fallout concentrated in glass microparticles(直径数μm). 2011.3.15放出cesiumの約85%

Plume襲来により、甲状腺I-131等価線量が100mSvになるような場合、Cs(水溶性)の吸入による実効線量は約2mSv

肺の300mSv(等価線量)は実効線量では約60mSvに相当する。

 

日本人は、知る者と知らざる者にはっきりと分けることができる。

普通の人々にはもっともらしいうそだけが与えられ、本当の事は一部の者のみが知っている。     Karel van Wolferen  1994

 

Innumeracy—ignorance of risk, miscommunication of risk, and clouded thinking—I emphasize, is not simply a problem within an individual mind; ignorance and miscommunication of specific risks can, for example, be produced and maintained by various groups within society to their own benefit.        CALCULATED RISKS

Innumeracy(リスクに対する無知、あっても生半可な知識、リスク音痴のこと)は単に個人の問題とすることはできない。

リスクの種類によっては、(己の利益のために)リスクの本体に手を加え、その形大きさを都合のよいようにゆがめ、それを、巧妙に、広く世の中に定着させようとする勢力(団体)が、この社会には、数多く存在するのだ。

 

事故後の住民の被ばく量は、チェルノブイリより著しく低いことが国連機関の報告で明らかになっている。       毎日新聞 2016

UNSCEAR (国連科学委員会)

 

量子科学技術研究開発機構は13日、低線量の放射線を浴びた場合にがんになるリスクは低いとする、マウスを使った実験結果を発表した。  日本経済新聞  2016

 

 

FUKUSHIMA事故後、米国内原発の安全強化に乗り出したGregory B. Jaczkoは、業界(radiation community)の強い反発を受け、power harassment の冤罪でNRC委員長を引責辞任。その後職が得られないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

«