むらまつ小児科

不必要な検査・投薬はなるべく避けるようにしています。

TEL.0246-72-0707 

〒972-8318 いわき市常磐関船町上関48-1

人間とAIと医療と

人間とAIと医療と

 

医師の診療にはカラーがあります。守備範囲の広さ、診断へのこだわりの程度、待てるかどうかの判断、種々の検査に対する考え方、理解度。投薬に対する考え方(抗生物質、解熱剤、アスベリン、ペリアクチンなどの古いクスリへの感覚等)、その他色々な思い込み、結構異なるのです。(医師は経験がすべて。個人差は大きい。)

赤いカラーのかかりつけで投薬中の方が、スポットで緑のカラーの医師を受診するのはそれだけで事件です。

人は見たいものしか見えない。聞きたいことしか聞こえない。見たいもの聞きたいものは人それぞれ。理由も様々。対面であっても視線がずれると話は先に進まない。(遠隔診療 初診は禁止) ずれた視線の先に都合のよい相手を見つけるのは難しい。

 

人間は不完全。さてAIはどうだろう?

将棋AIは勝負に勝つことに特化した(マイナスの手を極力減らす)計算機。エネルギー消費は人間の1万倍以上。エネルギー消費をevenに設定すれば AI は藤井七段に絶対勝てない。創造性(storyの構成力)では藤井七段に遠く及ばない。(藤井七段の指し手には、あたかも大掛かりで長手数の詰将棋作品を仕上げるような趣きがある。)

病理を読むAIにがんのことは何もわからない。病理を完璧に読むAIに変異遺伝子の配列はなにもわからない。

(がんについては人間にもほとんど何も分かっていないが。)

既存のAIはすべてsingle taskしかこなせない。それも数学のことばで語れるtaskのみ。人間のように(数学を超える分野を含む)multi taskをこなすAIは出てきそうにない。そもそも知能に関する脳の働きについては何もわかっていない。programmingより読解力。AIの医療分野における未来は極めて限定的なのだ。

AIはすべて人間次第。AIはすべて過去のdataに依拠している。(AIに400年に1人の大天才の指し手を予想することはできない。)singularityが存在するのは計算能力(hard ware)においてのみ。

 

人間は不完全。AIも不完全。医療は永遠に不完全。(診るほうも診られるほうも。そしてその取り巻きも。)

みんな自分が正しいと思って生きている。(人を騙そうと思っている人たちを除いて。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »